2005年12月07日

続裁定

日経平均株価 15,484.66 +61.28

SBIグループの裁定取引にまたしてもかなりのポジションを賭けています

SBI本体がまだ割高なのでもう少し裁定の余地があると思われます


リスクは以下の通り

本体の高額な逆日歩による儲けの縮小

1月27日の株主総会による合併の否決


SBI本体に裁定の余地があるのは合併の否決リスクが若干あると見ていいでしょう。

裁定がバッチリ決まるのは最悪、臨時総会で合併が決定した後と予想されます。

50日で4%程度の利益・・・年率20%程度でしょうか


裁定のため、買いポジションを更に圧縮

東京製鐵を2単位売却

ムサシを1単位売却

大光銀行1単位売却


パフォーマンスはー4万


これで日経が16000、7000になったら機会損失ということになりますが、十分利が乗っているので勝ち逃げです。

【関連する記事】
posted by ぺんぎん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。