2005年12月12日

グローバルニートオープン 愛称:世界のひきこもり

インデックスファンドは一番安い所が運用(結局ヴァンガードとフィディリティの勝利)して
アクティブファンドに関しては各社3つぐらいしか作ってはいけないという法律が欲しい

投資信託を購入する人は投資のド素人であるからエマージングマーケットだのソブリン債だのそんなのはわからんはずである。
各証券会社は自社最強のファンド一本で勝負すれば優劣もハッキリすりしわかりやすい。
成績の悪いのは解散とか安易な手で逃げられないわけである。
テーマファンドなんてのは人様のお金を使って変なマーケットを作るなバカチンという感じである。

客が投資信託に求めているのは恐らくリターンの追及だから、満足度ではない。
愛称だとか、マーケティングの才能は必要ないのである。
(恐らくと書いたのはある程度の人はインドに投資しているんだという発言をしたい人もいる。)

低変動、中変動、大変動とか3つぐらいでお願いしますわ。

投資信託は儲からないことに気が付いて、投資は自分でやるものだと気が付かせてくれる金融商品な気ガス。
posted by ぺんぎん at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トリンプ
Posted by チュニック at 2013年08月08日 03:20
トリーバーチ marc bymarc jacobs http://www.hjqcmy.com/
Posted by marc bymarc jacobs at 2013年08月10日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。