2006年01月18日

はてさて

誰も持っていないという理由で買われた割安株では暴落の前には役に立たなかった様です。

逆に薄い買い板に成り行きで売りが入ったため、下落率も高い結果に終わっています。

反面、板が薄かったため、これまでも値動きがよかった。

こうなると安全な株は無くなっているのかもしれません。

このペースで下落し続けるというのはあまり考えられないので割安株を主張するのならば断固ストロングバイでしょう。

短くて数ヶ月、長くても半年程度で株価は戻ると思います。

日経ETFを6単位空売り、ムサシ、星光、北陸ガスの売り逃げに成功。逃げ遅れた連中はひたすらホールド持続。

ざっくり-100万。
【関連する記事】
posted by ぺんぎん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「世紀の相場師ジェシー・リバモア 」 「欲望と幻想の市場」
Excerpt: 世紀の相場師ジェシー・リバモア「Amazing Life of Jesse Livermore: World's Greatest Stock Trader」 リチャード スミッテン(原著..
Weblog: リバモアに学ぶ投資心理・投資手法
Tracked: 2007-04-06 14:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。