2006年01月14日

日本ライフライン

額は小規模ですがMSCBを発行しはじめましたね

監査役が変わったり、社長が変わったり、一環して営業CFが赤字で、増配なんかしちゃったりして。

バランスシートを見ると長期借入金の調達ができていなさそうです。

短期借入金もこの程度で限界ということでしょうか。

日本コーリンを思い出しますね。。

posted by ぺんぎん at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

飲み会

中学の同級生と卒業以来久々に飲みにいったんですが(もう5〜6年か)

それぞれの道を歩んでいるなぁという感じ。

建築科に行った連中は姉歯の事件を検証して鉄筋3割抜いたら300キロニュートン足りないとか言うし、SE目指している方は東証のシステム話で盛り上がると。。

金融とか経済に身を置いている自分としてはどんな話題についていけたとしても、専門性が足りないね。。。まぁ電話一本で聞けるのは非常にたのもしいわけだが。
posted by ぺんぎん at 01:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

グローバルニートオープン 愛称:世界のひきこもり

インデックスファンドは一番安い所が運用(結局ヴァンガードとフィディリティの勝利)して
アクティブファンドに関しては各社3つぐらいしか作ってはいけないという法律が欲しい

投資信託を購入する人は投資のド素人であるからエマージングマーケットだのソブリン債だのそんなのはわからんはずである。
各証券会社は自社最強のファンド一本で勝負すれば優劣もハッキリすりしわかりやすい。
成績の悪いのは解散とか安易な手で逃げられないわけである。
テーマファンドなんてのは人様のお金を使って変なマーケットを作るなバカチンという感じである。

客が投資信託に求めているのは恐らくリターンの追及だから、満足度ではない。
愛称だとか、マーケティングの才能は必要ないのである。
(恐らくと書いたのはある程度の人はインドに投資しているんだという発言をしたい人もいる。)

低変動、中変動、大変動とか3つぐらいでお願いしますわ。

投資信託は儲からないことに気が付いて、投資は自分でやるものだと気が付かせてくれる金融商品な気ガス。
posted by ぺんぎん at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

企業間競争において作戦が勝利をもたらしたケース

企業間の競争において大切な物はなんでしょうか。
恐らく殆どの人は品質と価格と答えるでしょう。

しかしながら今現在品質と価格だけでは競争には勝ち抜けません。
競争に勝ち抜くためには作戦が非常に大きなウェイトを占めているのです。

歴史上初めて作戦が勝利したのはフォードとゼネラルモーターズのケースがこれにあたります

フォードはベストの商品は一つしか存在しないと考え、規模の経済を活かし、有名なフォードT型を開発し、車は実用的でかつ、大衆にも買える物にしました。
(これまでの車は金持ちのオモチャ)
労働者にも他より高い給与を与え、エキスパートを育成し、効率を高めていきました。
結果フォードはアメリカを代表する会社になりました。


一方ゼネラルモーターズはゼネラルという名前が示すとおり総合モーターズ、つまり負け犬の集合体です。
A社B社C社と合併していったものの、工場はそのまま、社長もそのまま、つまり看板を付け替えただけの競争力の無い会社でした。

しかしながらゼネラルモーターズにはフォードには無い魅力がありました。
多くの企業を所有するがゆえ、多品種の製品を生み出すことができたのです。

フォードの作戦はこうです。
A社はT型より低価格、B社はT型より少し高い、C社はセレブ専用と分担を分けていきました。
(マーケティングはここから)

フタをあけてみればT型フォードは生産中止、ゼネラルモーターズ大勝利です。

勝因と環境を挙げて見ると

フォードはT型の成功に浮かれていた。
フォードの内部で争いが起きた、
社長の息子は多品種を訴えるが社長はスルー、息子は大学を出て非常に優秀でした、
社長は嫉妬していたんじゃないかという意見もあります。
社長が取締役一帯にゼネラルモーターのスパイの疑惑をかけた結果、取締役一帯がゼネラルモーターに移籍
アメリカが豊かになった


品質と価格がよければよいというのは日本ではユニクロがこれに当たると思います。
ユニクロの社員にしてみればなんでこんなに安くていいのに売れないんだろうと思うでしょう。
しかし、ユニクロも最近銀座に店を出したりと作戦を考え始めている様です。恐らく脱低価格路線でしょう。
posted by ぺんぎん at 14:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

空売り(そらうり)

今回のジェイコムでニュース等では話題にならないが、弱小投資家にとって見逃せない点があった。

それは法人端末と東証は見せ板だしまくり、株価操縦やりまくり、貸借銘柄でない銘柄の空売りが可能であるということである。

証券会社はまったく持っていない銘柄、賃借銘柄でない銘柄、新規上場初日の銘柄すら無制限に売ることができる。

そうなると実際やるかどうかと言われればやらないと思うが、逆指値を入れていた人に投げさせたり、信用銘柄だから大丈夫と思わせつつものすごい売りを出したりとまさに夢が広がりまくりんぐ。IPOのセカンダリやら大型分割後の買いなんていうのは愚の骨頂かと思われます。

posted by ぺんぎん at 13:53| Comment(2) | TrackBack(2) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

大手コンサル

大手コンサルのプレゼンシート一枚の相場は20万円だそうです。

分厚く作れば儲かるという利益相反なビジネスですね。。

あと新卒に外資コンサルは随分と人気です。

自前でビジネスをやるほど勇気が無くて、外資系で、即仕事したくて、社会的地位もあって、
ほぼノーリスクと半端にプライドが高い高学歴の方に大人気の様です。

よくある会話例

女「○○君!就職希望先決まった? 」

男「俺ぇ? コンサルぅ」

posted by ぺんぎん at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

HyPER-HiPER

PERの公式は時価総額÷当期純利益と多くの投資家が重視する指数の一つです。

しかしながらこのPERには弱点があります。

まず有利子負債を加味していないということ、例えPERが5だとしても5年で買収できるわけでなく、買収後には企業の有利子負債も引き継ぐ必要があるが、それはPERから知ることはできない。

次に最終利益を用いるため特別利益、損失も含んでしまうこと
それにより減損会計や突発事象の影響を受けやすい。

個人的には会計上の利益が投資家に戻るキャッシュではないと考えているので、当期純利益を使うのもよろしくないと思う。
例えば中古車のアップルやマンションデペロッパーの企業の多くは毎年増収増益を繰り返し、一見企業成長している様に見えるが、成長とともに有利子負債が増え、投資家にキャッシュは戻らない。

これらを克服したと思われるのが以下の式である

(時価総額+有利子負債)÷(複数年度の平均簡易フリーキャッシュフロー)

簡易フリーキャッシュフロー=営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー(四季報等参照)


株価収益率ではなく企業収益率としていかがでしょうか
posted by ぺんぎん at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

割安っぽい銘柄の割安でない理由

自分の定義で割安っぽい銘柄=低PERなんですが

割安でない理由の一つにキャッシュフローがあるのではないかと

例えばマンションデペロッパー系の企業 
営業キャッシュフローが常に赤字でいつまでたっても資金は回収できない。
公募か銀行融資に頼ることになる。


割安っぽい銘柄が出やすいセクター

鉄鋼
マンデペ
自動車部品
先物


先物は業務停止リスクが起因しているとして
残りに共通しているのは有利子負債が大目、当然この低金利では資金調達した方がビジネス上有利で更にPERを見ただけでは負債はわからない。
鉄鋼は先行き不透明感
自動車部品は親会社リスク

かな。
posted by ぺんぎん at 02:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

甘く見ていた楽天。。

楽天証券から友人を紹介すると3000楽天ポイントもらっていたのを忘れていて

何が買えるのかなと色々見てたら結構充実していてびっくり。
取り合えず
前から欲しかったやつを購入。



楽天カードで2000ポイントもついでにもらっておきますか
posted by ぺんぎん at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

どうでもいい系列の話

豊田通商とトーメン 06年4月に合併へ

[鉄鋼関連 NEWS HEAD-LINE]
 経営統合をめざしてきた豊田通商とトーメンは8日までに、2006年4月に合併する方針を決めた。合併後の連結売上高は4兆8931億円(05年3月期)となり、双日を抜き商社業界6位に浮上する。

トーメンは三井物産の綿花部が独立して出来た会社。
http://www.toyocotton.co.jp/japanese/detail.htm
分社した理由は当時の三井物産で最大の稼ぎ頭であった綿花部の巨大化によるリスクを抑えるため。
(もし綿花部がコケたら他部門が全部黒でも会社はコケる)

トヨタは三井系列の会社なので今回の合併は系列合併である可能性が高い


posted by ぺんぎん at 00:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

投資銀行「ディーラー」の人とお話をしてきました。

MSCBは儲かりまっか?

現状儲かります、ただ10%ぐらいディスカウントじゃないとやってらんない、5%とかだったらやだ、
流動性が無いのはつらい、不名誉な銘柄は引き受けたくない。
やっぱりMSCBを引き受けると、評判は悪くなる。

ただこの業界もライブドア証券やらが続々と参入してくるから、ここ数年の内に儲からなくなってくるだろう。そうなったら撤退

米国でもMSCBっぽいのはあるが、バシバシやっているのは日本だけ、日本の経営者は資本コストの概念が薄いからCB大好き。

posted by ぺんぎん at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

住金の人とお話ができた。

高炉向けの原料の予約というのは数の予約であって、価格の予約は特に無いらしい

IT―MK3は恐るるに足らずらしい、話題にも昇らないと

東京製鐵の何がいいって無借金な所が強いと「何を聞いてんだ俺は」

ただし電炉の作れる商品は市場価格に左右されるので収益が安定しないとも

住金はメーカー向けのひも付き価格による販売に力を入れたい様子

posted by ぺんぎん at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

人脈

人脈という物は作ろうと思えばいくらでも作れるということに驚き

同時に投資という物は本当に金銭面で上下があるだけ

まずは名刺作らないといかんね。人様の名刺の上に連絡先を書くというのはやっぱりツライ

posted by ぺんぎん at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

将来の職業

ファイナンシャルインテリジェンスを教えたいと思っていたが、最近は論語を教えたい。
posted by ぺんぎん at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

スクリーニングで

スクリーニングで購入銘柄を決めてしまうっていうのは、通知表だけで人事採用する様なモノです。
私が会社なら怖くてできませんね。

スクリーニングだけでもある程度なんとかなるってのもあるんですがね。
posted by ぺんぎん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

なぜ

なぜインプットするのですか?

アウトプットするためです

なぜ仕入れるのですか?

売るためです
posted by ぺんぎん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

順張りか逆張りか

逆張りなんてほとんど買った瞬間に含み損

自分が買った瞬間に価値と価格の乖離が無くなると考えていて、

株価が上がらなければクソ株クソ株言うぐらいなら、大人しく順張りしたらどうでしょうか。

5月末、ラジオ日経は東京製鐵のニュース欄にさも鉄鋼業界が終わるような記事を3つ出しました。
http://finance.livedoor.com/quote/detail2?r=n&c=5423+

その後適当なブログでも売りました報告が続々と出ていたのでまぁ近いうちに反発するだろうとは思っていましたが、あっさり戻してきましたね。

まぁまたすぐに地を這う可能性もありますから、そう大きな声では言えませんね。

posted by ぺんぎん at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

取れるところから取れるだけ

http://www.sankei.co.jp/news/050531/morning/31kei001.htm

いい加減にこの世の中のメインプレーヤーが誰で、誰が何の目的で今の世界を構築したのかを理解しないと、今の資本主義は生きていけない。

消費税は上げたら反対されるから、社会保険料を上げようとか、
金持ちや企業に逃げられたら困るから、逃げられないサラリーマンからはこってり搾り取ろうとか。

現代人の多くは無知で突っ込んでいる。16年間教育を受けて、行く先は動物園であり、野生ではない。

それでもペイオフなんかは野生に押し出す行為なんだけれども・・・・

よく北朝鮮の教育はおかしいとか言うけれども、彼らの多くは騙されていることに気が付いていない。
同様に我々の多くも資本主義の教育を受けず、騙されていることに気が付いていない。
気が付いていないということは、好き勝手にやれるということ、都合のいい世界ができるわけだ。

産業革命によって、機械に人間が合わせて働けば収入が得られ生きていける時代はとっくに終わっている。
今の教育は産業革命で生きていく教育であり、これからの時代には使えない。
その証拠になんら価値創造ができずマニュアルの言いなりに動くことしかできないフリーターやそもそも働く場所すら用意されないニートがここまで社会問題になっている。

これからは人間そのものが価値を生み出さなければならない
マニュアルでしか動けないならば、マニュアルの賃金しか得られることはできない。
学業を終えれば働けるとか職場はそんな簡単な物ではない。学業として与えられた時間は他の人間を出し抜くために存在すると思った方がいい。既に社会に出ていたら一刻も早くその時間を取り戻すこと。
posted by ぺんぎん at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

自己紹介に思うこと

大学なんかで自己紹介なんて日常茶飯事なわけなんですが

ゼミの課題で6分間のスピーチをやってくるように言われました

当然自分は持ちネタが豊富なので6分なんて楽勝なんですけれども

今時の大学生には結構苦しかったようです。

自己紹介に困っている人間について個人的に思ったことは

「てめぇのこれまでの人生は6分以下の内容か!よくわかったぜ!!」

なんて自分ながらひどいことを思ってしまいました。

言えばやるし、質問されれば答えられる。でも自分からは何も出てこない、動かない

これが現状の私の周りにいる大学生のようです。

単純にアウトプットが欠けているだけで深刻な問題ではないと思うんですがね。

本人は問題を認識し、解決しようとしているんでしょうか。

posted by ぺんぎん at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。