2005年12月12日

グローバルニートオープン 愛称:世界のひきこもり

インデックスファンドは一番安い所が運用(結局ヴァンガードとフィディリティの勝利)して
アクティブファンドに関しては各社3つぐらいしか作ってはいけないという法律が欲しい

投資信託を購入する人は投資のド素人であるからエマージングマーケットだのソブリン債だのそんなのはわからんはずである。
各証券会社は自社最強のファンド一本で勝負すれば優劣もハッキリすりしわかりやすい。
成績の悪いのは解散とか安易な手で逃げられないわけである。
テーマファンドなんてのは人様のお金を使って変なマーケットを作るなバカチンという感じである。

客が投資信託に求めているのは恐らくリターンの追及だから、満足度ではない。
愛称だとか、マーケティングの才能は必要ないのである。
(恐らくと書いたのはある程度の人はインドに投資しているんだという発言をしたい人もいる。)

低変動、中変動、大変動とか3つぐらいでお願いしますわ。

投資信託は儲からないことに気が付いて、投資は自分でやるものだと気が付かせてくれる金融商品な気ガス。
posted by ぺんぎん at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

企業間競争において作戦が勝利をもたらしたケース

企業間の競争において大切な物はなんでしょうか。
恐らく殆どの人は品質と価格と答えるでしょう。

しかしながら今現在品質と価格だけでは競争には勝ち抜けません。
競争に勝ち抜くためには作戦が非常に大きなウェイトを占めているのです。

歴史上初めて作戦が勝利したのはフォードとゼネラルモーターズのケースがこれにあたります

フォードはベストの商品は一つしか存在しないと考え、規模の経済を活かし、有名なフォードT型を開発し、車は実用的でかつ、大衆にも買える物にしました。
(これまでの車は金持ちのオモチャ)
労働者にも他より高い給与を与え、エキスパートを育成し、効率を高めていきました。
結果フォードはアメリカを代表する会社になりました。


一方ゼネラルモーターズはゼネラルという名前が示すとおり総合モーターズ、つまり負け犬の集合体です。
A社B社C社と合併していったものの、工場はそのまま、社長もそのまま、つまり看板を付け替えただけの競争力の無い会社でした。

しかしながらゼネラルモーターズにはフォードには無い魅力がありました。
多くの企業を所有するがゆえ、多品種の製品を生み出すことができたのです。

フォードの作戦はこうです。
A社はT型より低価格、B社はT型より少し高い、C社はセレブ専用と分担を分けていきました。
(マーケティングはここから)

フタをあけてみればT型フォードは生産中止、ゼネラルモーターズ大勝利です。

勝因と環境を挙げて見ると

フォードはT型の成功に浮かれていた。
フォードの内部で争いが起きた、
社長の息子は多品種を訴えるが社長はスルー、息子は大学を出て非常に優秀でした、
社長は嫉妬していたんじゃないかという意見もあります。
社長が取締役一帯にゼネラルモーターのスパイの疑惑をかけた結果、取締役一帯がゼネラルモーターに移籍
アメリカが豊かになった


品質と価格がよければよいというのは日本ではユニクロがこれに当たると思います。
ユニクロの社員にしてみればなんでこんなに安くていいのに売れないんだろうと思うでしょう。
しかし、ユニクロも最近銀座に店を出したりと作戦を考え始めている様です。恐らく脱低価格路線でしょう。
posted by ぺんぎん at 14:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

空売り(そらうり)

今回のジェイコムでニュース等では話題にならないが、弱小投資家にとって見逃せない点があった。

それは法人端末と東証は見せ板だしまくり、株価操縦やりまくり、貸借銘柄でない銘柄の空売りが可能であるということである。

証券会社はまったく持っていない銘柄、賃借銘柄でない銘柄、新規上場初日の銘柄すら無制限に売ることができる。

そうなると実際やるかどうかと言われればやらないと思うが、逆指値を入れていた人に投げさせたり、信用銘柄だから大丈夫と思わせつつものすごい売りを出したりとまさに夢が広がりまくりんぐ。IPOのセカンダリやら大型分割後の買いなんていうのは愚の骨頂かと思われます。

posted by ぺんぎん at 13:53| Comment(2) | TrackBack(2) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目から鱗

何の気なしに立ち読みしたら表紙のかわいいイラストとは裏腹に結構大人向けの本

のっけから計算力チェック等と称し問題が20問程度出されるが

初っ端の問題は14×45 制限時間は3秒。

暗算を早く解くテクニックが満載、終始目から鱗でした。

ちなみに14×45は7×90に変換して630と解く。

殆どは寝技の様に型に持ち込んで解く。受験テクニックの様な本だが読んでおいて損は無い

posted by ぺんぎん at 05:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無力感

日経平均株価 15,404.05 +220.69

なんというかSBIの裁定もはまって、ジェイコムの板も売買停止で見れず、ポジションも目一杯。
みずほは日経に引っ張られて上昇。最低300億もなんのその。
立会外ですら某パンダ氏の出現なのかここ10個ぐらい当たりません。
w-zero3を予約しにいくも学校帰りなので発売日当日の受け渡しはほぼ無理とのこと。

イートレの公募は当たってほしい所です。

持ち株は日経戻りのおかげで+4万 住友鉱山を売却済なので上昇の恩恵が減りました。

最近日経のボラの高さに驚いています。そんじょそこらの個別株より動いている気がします
posted by ぺんぎん at 04:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

ジェイコム祭参戦

日経平均株価 15,183.36 -301.30

http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/rtr/051208/051208_mbiz2672860.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051208-00000105-rtp-biz

http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/rtr/051208/051208_mbiz2672754.html

論点

総発行済株式数14500に対し40万株の売りが出現。36万のクロスが入っても残り4万株

総発行済株式数以上の取引を認めるのか、東証はシステムの不備を認めるのか

取り消しは可能なのか、その場合日経やTOPIXに与えた影響はどうなるのか

証券会社は新規上場のIPOすら無制限にカラ売りできる


意見

個人的にはTOBかけた後第三者割当が円満な気がします。

みずほのトレーダーはミストレード発覚後、速やかにみずほグループの空売りで損失をカバーすべきの気がします。

取り消しは無いでしょう。

少ない余力を振り絞って1単位だけ@61万で購入しました。 

ポジが軽いときに日経が落ちたのでラッキーとしかいいようがありません。

今日のパフォーマンスは+14万

posted by ぺんぎん at 19:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

続裁定

日経平均株価 15,484.66 +61.28

SBIグループの裁定取引にまたしてもかなりのポジションを賭けています

SBI本体がまだ割高なのでもう少し裁定の余地があると思われます


リスクは以下の通り

本体の高額な逆日歩による儲けの縮小

1月27日の株主総会による合併の否決


SBI本体に裁定の余地があるのは合併の否決リスクが若干あると見ていいでしょう。

裁定がバッチリ決まるのは最悪、臨時総会で合併が決定した後と予想されます。

50日で4%程度の利益・・・年率20%程度でしょうか


裁定のため、買いポジションを更に圧縮

東京製鐵を2単位売却

ムサシを1単位売却

大光銀行1単位売却


パフォーマンスはー4万


これで日経が16000、7000になったら機会損失ということになりますが、十分利が乗っているので勝ち逃げです。

posted by ぺんぎん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

維持率33.29%

日経平均株価 15,423.38 -127.93

SBIホールディングスとSBIパートナーズの合併比率に対応して信用で500万程度ぶっこんだら、余力が足りませんと表示。

その時の維持率は33%。双日と住友鉱山を売却してしまいました。裁定取引はぼちぼち成功。

パフォーマンスは+10万。 合併が破談になる恐れがあるのか、まだ若干の裁定余力があるようでこれからも何回かいじる予定です。

余力は250%まで復活しているので、このまま短期売買に徹し、12月の株主優待を狙います

ファイナンスオールが寄るので売却予定

posted by ぺんぎん at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

大手コンサル

大手コンサルのプレゼンシート一枚の相場は20万円だそうです。

分厚く作れば儲かるという利益相反なビジネスですね。。

あと新卒に外資コンサルは随分と人気です。

自前でビジネスをやるほど勇気が無くて、外資系で、即仕事したくて、社会的地位もあって、
ほぼノーリスクと半端にプライドが高い高学歴の方に大人気の様です。

よくある会話例

女「○○君!就職希望先決まった? 」

男「俺ぇ? コンサルぅ」

posted by ぺんぎん at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

腐りかけが一番上手い。

日経平均株価 15,551.31 +129.71

ファイナンスオール全力で比例狙うも当たらず。
親が上がり続けるためいつまでも寄らないがそろそろヘッジ売りをかましたい所。

持ち株は絶好調、IPO以外では最大風速かもしれず。 +20万

株主優待が続々と到着。お米券やら航空割引券やらどっさり。
JAL、ANAは片道券しかもらえないため、2単位で申し込むのが原則ということに気が付いた。
それでなくとも逆日歩が恐ろしいというのに。

EトレードのPOに申しこもうとしても既に80万。
2%抜ければ16000なのでおいしいのですが、ここまで上がっていると不安。

ご縁で日興の支店に口座が開けたのでIPO、PO辺りに傾斜する予定
日興ってMSCBも買えるのですね・・・・手数料をじっくりと見ておきたい所です
http://www.nikko.co.jp/SEC/products/stock/ipo/other.html

posted by ぺんぎん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。